収 穫 祭 ~うたとギターと野菜に「いただきます!」~

農のあるくらしを実践し、自らの演奏活動を通じて土と生きることの大切さを伝えるYaeのうたと、
ジャンルを横断し、自身のスタイルを常に変化させつつ絶妙なアンサンブルを聞かせる鬼怒無月のギター、
京都の里山・静原の自然に囲まれたCAFE MILLETのベジタリアンフードをお楽しみ下さい。
※当日は、Yaeが運営に関わる「鴨川自然王国」で収穫された野菜も、味わって頂く予定です。

収穫の秋、日々、食べ物や音楽を味わえることに感謝して・・・

===ありがとうございます。定員に達しましたので、予約を締め切らせて頂きます。===

■日 時 :2008年11月24日(月・祝) 受付13:45~ 開演14:15~ (終了予定19:30)

■出 演 :Yae(うた)、鬼怒無月(ギター)

     ベジタリアンフード : 鈴鹿樹里(CAFE MILLET)

■参加費 :ライブコンサート 3,000円+フード 800円

■定 員 :40名 (予約制・先着順 ※8月1日より予約受付開始)

■会 場 :CAFE MILLET(京都市左京区静市静原1118)

http://blog.cafemillet.jp/

▼バスでお越しの場合

紅葉シーズンのため、電車、バス等到着遅延する場合があります。念のため、時間の余裕を持って移動下さい。
万一、バスを逃した場合、地下鉄「国際会館」駅から京都バス「城山」を目指しタクシーで2000円弱で到着できます。
渋滞等で身動き取れない場合は、73planning : 090-9110-7462 / Cafe Millet:TEL/FAX 075-741-3303にご連絡下さい。

京阪出町柳駅もしくは北大路駅前発から京都バス34系統「静原・城山行」で45分、終点城山から京都府道
40号線を大原方面へ徒歩3分、左側道に入ってすぐ。

▼お車でお越しの場合

駐車スペースが満杯ですので、こちらからご連絡している方以外は公共交通機関をご利用下さい

■ご予約・お問い合わせ: 090-9110-7462

planning73●yahoo.co.jp (スパムメール防止のため●を@に入れ替えてお送りください)

http://nosoda.cocolog-nifty.com/shukaku/

■主 催: 73planning+ CAFE MILLET

 

■出演者プロフィール

●Yae(うた)
東京都生まれ。高校時代、身体表現に興味を抱き、モダンダンスを始める。'95年、ポーランドのホロコーストを
描いた音楽劇「コルチャック先生」の歌手役を演じたのをきっかけに歌手を志し、'99年頃より、レストランや居酒屋
などで唄い始める。'01年にアルバム『new Aeon』でデビュー。(現在までにシングルを含め、9枚のCDをリリース)
NHK「みんなのうた」で放送された『名もなき君へ』など、ハイトーンの澄んだ歌声と独自の詞の世界で観客を魅了
している。
現在は2児の母となり、家族とともに千葉県の自然豊かな里山にある「鴨川自然王国」にて、農も取り入れた
スローライフを送りながら、ラジオのパーソナリティー(FM福岡・ラジオ関西)や、NHK「産地発!たべもの一直線」
ゲスト出演等も務めながらライブ中心に活躍中。
昨年から土に生きることの幸せを伝えるため「種まきライブツアー」を全国で展開中。
http://www.yaenet.com/

 

●鬼怒無月(ギター)
'64年神奈川県出身。'90年に自己のグループ、ボンデージフルーツを結成、'94年にバイオリン奏者勝井祐二と共に
発足したレーベル「まぼろしの世界」より現在までに最新作の「Bondagefruit6」('05年2月発売)を含む6枚のアルバム
を発表。平行してEWEより3枚のアルバムをリリースしているチェンバーロックバンド 「Warehouse(ウェアハウス)」、
勝井祐二とのデュオ「Pere-Furu」、クラシックギタリスト鈴木大介との「The Duo」、吉田達也(ds)の「是巨人」、梅津和時
の「KIKI BAND 」等での活動に加え、最近では巨匠ピアソラへのオマージュに、クラシック、ジャズ、ロック、プログレ
といった要素を取り込んだ新スタイルのタンゴ・バンド「SALLE GAVEAU(サルガヴォ)」の評価も高く、'07年にヨーロッパ
ツアー、'08年6月にセカンドアルバムをリリースした。バンド以外でもギターソロ等 日々自己のギタースタイルを進化させ
続ける異才ギタリスト。
Yaeとは彼女のファーストアルバムより共演している。
http://mabo-kido.hp.infoseek.co.jp/

 

■■Cafe Milletについて■■


私たちは、Cafe Milletのある京都・静原が、人が自然と共にあり、人は自然の一部で、誰もが自然に生かされていると
感じられる地域になっていったらという想いがあります。

これから、
環境のこと、食糧のこと、人口のこと、経済のことなど、
周りを見れば大変な世の中にはなってくるけれど、
足下で、希望のある世界を、ここに住む人々、街の人々と手を取り合って作っていきたい。
そのためには、私たち若い世代が、また未来の子どもたちへと、
楽しく、格好良い生き方をして伝えていくことが何よりも大切だと思います。

土を感じること、
植物や動物を感じること、
それらといつも繋がっていることの大切さ、

理想の未来はすぐには作れないけれど、
一つ一つの楽しさを、多くの人と共有できるようにしていくことで、
雪が解けるように、静原という村の人たちにも、一緒に楽しんでいきたい。

その一つとして、
人が繋がり、心を通わせることの出来る音楽の力を信じています。

Cafe Millet 鈴鹿樹里 
 サポート:隅岡敦史

 

■■73planningこれまでの活動■■

<Shift!シリーズ>
「音楽と聞く環境」をテーマに、明るい部屋と暗い部屋、広い場所と狭い場所など、ミュージシャンが音楽を演奏する環境を
変える(観客にとって、聞く環境が変わる)ことによって聞こえる音楽の違いを提示する、即興演奏を中心とした実験的な試み。
http://nosoda.cocolog-nifty.com/shift/

●Shift! vol.1
「内橋和久(guitar) 鬼怒無月(guitar) デュオ」
ギャラリーの展示スペースであるホワイトキューブ内で、前半は明るい状態、後半は暗い状態で、ギター2本の即興演奏。
■日時:2006年3月26日(日) open15:30 start16:00
■会場:AD&A Gallery (大阪・肥後橋)


●Shift! Vol.2
「ブリッヂ使い倒し ひろいところせまいところ」
ライヴスペース「BRIDGE」のクローズに際し、「フェスティバル・ビヨンド・イノセンス」など、様々な実験的な試みを行ってきた
「BRIDGE」のカフェ、入口、2階、バックステージ等、普段ライブでは使わないようなところ、狭い場所と広い場所、広い天井
をフルに使った、様々な組み合わせの即興演奏。
■出演:岩田江(sax) 梅田哲也(selfmade instruments) 高良久美子(percussion)  津山篤(guitar, vocal, etc.) 
Haco(voice&electronics) 芳垣安洋(percussion) ヨシムラエリ(animation)
■日時:2007年6月3日(日) open17:30 start18:00
■会場:BRIDGE (新世界フェスティバルゲート8F)